So-net無料ブログ作成
検索選択

中国出張その2 [日常]

上海は食べ物がおいしいです。
(というか、おいしいお店ばかり連れて行ってもらった)

一部紹介します。

【翡翠酒家】小籠包
http://r.gnavi.co.jp/shanghai/jp/cs03174/
食1
何の野菜かはわかりませんが、さっぱりした味でした。(中国の箸ではすべって取りにくい)

【鄧記伝菜】四川料理
http://www.gudumami.cn/jp/shop/cs02063/
食2
お勧めの一品。鶏肉だけ食べて唐辛子はたべません。ビールがすすみます。

こちらも【鄧記伝菜】
食3
なぜかハマる味。やめられない止まらない。

蘭州拉面。ぐるなびに出てこない穴場
食4
1杯8元(100円くらい)の刀削麺。

中国では食事を残すのがマナーだそうです。
どれもおいしいので、つい残さず食べてしまいました。
食事を残すという文化には最後まで慣れませんでした。

中国出張その1 [日常]

上海出張に行きました。
目的は現地の弁護士・会計士と中国の税制についての打合せです。

中国に到着してまず驚いたことは交通ルールです。
「 車 > バイク自転車 > 人 」が優先順位のようでした。

上海道路

交差点では歩行者自ら車を避けないと轢かれそうになります。
車・バイクは人が歩いても止まるどころか、クラクションを鳴らしながら突っ込んできます。

バイクはさらに自由で、歩道走行・逆走・交差点を斜めに渡るなどなんでもありでした。

上海道路2

タクシーに乗るとカーチェイスのようでした。

人気(?)のスマートフォン [日常]

3年ぶりに携帯の機種変更をしました。

人気機種と前評判のINFOBARです。

INFOBAR

発売日の2日前にダメもとでauショップへ予約にいったら、
「KURO(黒)ならあと1台予約できますよ。」とのことで予約できました。

発売日の翌日にauショップへ受け取りに行き、
「もしかしてNISHIKGOI(赤)あったりします?」と尋ねたら
「ありますよ!」と即答され、一番人気のNISHIKIGOIを入手できました。

本当に人気機種なのだろうか...




外国の税金 [学び]

最近、外国の税金に関する案件が増えてきました。

セミナーに参加したり、書籍を購入したりして知識を吸収しています。

日本の税制だけでも複雑なのに外国の税制まで絡んでくると
さらに難解なものとなります。

外国の税金

さらに英語も読めるようになったほうが良いかと...がんばります!

資格のリストラ [学び]

世の中にはいろいろな資格がありますが、
維持していくために手間や費用がかかるものもあります。

いくつも資格を持っていると毎月何冊も会報が届くので
目を通すだけでも大変です。

そこで資格のリストラをすることにしました。
今回のリストラ対象は日本FP協会のCFPです。

CFPとはファイナンシャルプランナーの上級資格です。
あまり仕事では活躍しませんでしたが、
年会費12,000円と年間商標使用料8,000円がかかっていました。

退会届と共に資格認定証とライセンスカードを返却します。

FPライセンス

FP協会は一度退会すると再度入会はできず、
過去の試験合格もクリアされてしまうようです。

さようならFP資格。

公証役場 [日常]

公証役場に定款の認証に行きました。

電子定款なのでデータを法務省オンラインシステムで送信できるのですが、
公証人との面前認証は必要なので結局は公証役場に出向きます。

役場

面前認証とは形式的なもので、公証人とのやり取りは、
「あなたの名刺はかっこいいね」
「ありがとうございます!」
こんな感じでした。

税理士会の研修 [学び]

税理士会の研修が日比谷公会堂でありました。

日比谷

テーマは「役員報酬の改定(午前)」と「平成23年度消費税改正(午後)」でした。

研修が終わると出口が混雑しますが今日はいつも以上に渋滞しました。

日比谷公会堂の入り口には急な階段があるのです。

私の前をおばあちゃん税理士が「階段が...この階段がね...」と
つぶやきながらゆっくりと進んでいます。
こんな光景があちらこちらにありました。

やっぱり税理士業界の高齢化は進んでいます!

税理士の高齢化 [学び]

本日税理士会の研修が中野サンプラザでありました。

中野

テーマは「グループ法人税制と組織再編税制」(午前の部)
「国税通則法改正によって税務調査はどう変わるか」(午後の部)

研修に先立ちアナウンスがありました。
お決まりの「携帯電話はマナーモードに~」の後に、
「最近、補聴器ハウリングによるトラブルが増えています。
補聴器の設定は適正にお願いします。」と続きました。

税理士業界の高齢化を実感した瞬間でした。

GOPAN [日常]

GOPANを買いました。
お米からパンができるという優れモノです。
品薄で入手困難なはずが、たまたま通りかかった街の電気屋でみつけました。

GOPAN

何といっても、お米を砕く音が凄まじいです。
例えるならエアコン工事のときに電機ドリルで壁にねじを打ち込むくらいの騒音です。


税理士会の研修 [学び]

税理士会の研修が渋谷C.C.Lemonホールでありました。
タイトルは「事例から学ぶ小規模宅地の特例」です。

CCLemon

小規模宅地の特例は、相続税を節税するためには避けて通れない特例です。
いつでも対応できるように日ごろから勉強しておくことが大事ですね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。