So-net無料ブログ作成

最近の研修2 [学び]

研修ネタばかりですが、最近受けた研修です。

(1)入管実務研修

行政書士会の研修です。
外国人が日本へ入国するための法律やビザ・在留資格などを学びました。

nyukan.jpg

「疑わしきは許可せず。」
「そもそも外国人が本邦に自由に入国在留する権利は保障されていない。」
だそうです。厳しいですね。


(2)就業規則作成・見直しのポイント

社労士会のe-ラーニングです。
自宅のパソコンで受講しました。

syugyou.jpg

e-ラーニング用に撮影したようですが、
水分を補給するところを映す必要はないと思いました。


最近の研修 [学び]

最近受けた研修をまとめて紹介します。

(1)産業廃棄物収集運搬業許可申請

行政書士会のビデオ研修です。

sanpai.jpg

産業廃棄物について初歩から学びました。
例えば、紙くずでも排出する業者によって産業廃棄物になったり一般廃棄物になったりします。
産業廃棄物はなかなか奥が深いと感じました。

(2)中国税務と法制度

中国ビジネスヘッドラインというところが主催です。
中国に進出しているお客さんから紹介してもらいました。

kensyuu.jpg

最近中国関係の研修によく行きますが、毎回新しい発見があります。
中国では「福利厚生費は給与総額の14%まで」や「広告宣伝費は売上の15%まで」など独特です。

中国進出セミナー [学び]

東京税理士協同組合主催の研修に行ってきました。

タイトルは「中国進出、子会社の基本と指導のカンドコロ」で、
講師は上海出身の税理士 泉綾佳 氏です。

kensyu.jpg

日本と違い中国ならではのルールを紹介します。

(1)資本金の払い込み

 最初に資本金の20%以上を払い込み、残額は2年以内に払い込む。
 資本金を最初に全額用意する必要はない。

(2)会社の設立期間

 所要期間2~3カ月かかる。
 業種によっては1年以上かかることもある。

(3)肩書きで税率が違う

 個人の所得税は、肩書きによって税率が異なる
 董事(日本の取締役のようなもの)の報酬は一律20%
 総経理(日本の執行役員のようなもの)の報酬は累進課税で3~45%


改正法セミナー [学び]

東京都社会保険労務士協同組合主催のセミナーがありました。

内容は労働法令・社会保険法令の法改正です。

法改正

主な内容です。

・過労死が労災の対象になると法律に明文化された。

・平成24年度より雇用保険料値上げの予定

・国民年金額(もらえる額)の引き下げ

・平成23年度の国民年金の保険料は前年より引き下げで月15,020円

外国の税金 [学び]

最近、外国の税金に関する案件が増えてきました。

セミナーに参加したり、書籍を購入したりして知識を吸収しています。

日本の税制だけでも複雑なのに外国の税制まで絡んでくると
さらに難解なものとなります。

外国の税金

さらに英語も読めるようになったほうが良いかと...がんばります!

資格のリストラ [学び]

世の中にはいろいろな資格がありますが、
維持していくために手間や費用がかかるものもあります。

いくつも資格を持っていると毎月何冊も会報が届くので
目を通すだけでも大変です。

そこで資格のリストラをすることにしました。
今回のリストラ対象は日本FP協会のCFPです。

CFPとはファイナンシャルプランナーの上級資格です。
あまり仕事では活躍しませんでしたが、
年会費12,000円と年間商標使用料8,000円がかかっていました。

退会届と共に資格認定証とライセンスカードを返却します。

FPライセンス

FP協会は一度退会すると再度入会はできず、
過去の試験合格もクリアされてしまうようです。

さようならFP資格。

税理士会の研修 [学び]

税理士会の研修が日比谷公会堂でありました。

日比谷

テーマは「役員報酬の改定(午前)」と「平成23年度消費税改正(午後)」でした。

研修が終わると出口が混雑しますが今日はいつも以上に渋滞しました。

日比谷公会堂の入り口には急な階段があるのです。

私の前をおばあちゃん税理士が「階段が...この階段がね...」と
つぶやきながらゆっくりと進んでいます。
こんな光景があちらこちらにありました。

やっぱり税理士業界の高齢化は進んでいます!

税理士の高齢化 [学び]

本日税理士会の研修が中野サンプラザでありました。

中野

テーマは「グループ法人税制と組織再編税制」(午前の部)
「国税通則法改正によって税務調査はどう変わるか」(午後の部)

研修に先立ちアナウンスがありました。
お決まりの「携帯電話はマナーモードに~」の後に、
「最近、補聴器のハウリングによるトラブルが増えています。
補聴器の設定は適正にお願いします。」と続きました。

税理士業界の高齢化を実感した瞬間でした。

税理士会の研修 [学び]

税理士会の研修が渋谷C.C.Lemonホールでありました。
タイトルは「事例から学ぶ小規模宅地の特例」です。

CCLemon

小規模宅地の特例は、相続税を節税するためには避けて通れない特例です。
いつでも対応できるように日ごろから勉強しておくことが大事ですね。

税務調査の研修 [学び]

4月14日に税務調査の研修に行ってきました。
タイトルは「質問検査権の正しい知識」で、
講師は元国税局の税務調査官でした。

「質問検査権」とは税務調査における税務署の権利です。
税務署の権利がどこまであるのかを知れば、
いきすぎの対応に待ったをかけることができます。

国税局の裏話が役に立ちそうで実りのある研修でした。

研修
研修前の風景。研修中は撮影不可でした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。